きもち

孤独だけれど、きっと〈あの〉孤独では無い。
そんな状態を何と呼べばいいか解らないが、
私は今その状態にある。

理由は明確なのだ。

拠り所が無いという事が、
殆どの場合の孤独を連想させる。
それは〈生きる上での〉孤独を考えた時か。

私が今から話すのは、
〈何かを成し遂げる上での〉孤独を考えた時の事。




今年、2016年、成し遂げたい事が3つある。
10月のワンマン大成功、それまでに200枚CDを売る、そしてサーキットイベントやフェスに出演する、の3つ。

この内、1つを3月1日に達成した。
私はJAM FES2016という、新宿JAM主催のモンスターフェスに出演させていただける事になった。

目標を達成したのだ。
しかし、それはきっと私の中だけで終わる話。
達成と同時に、私が私1人の為に達成感を感じている事に凄く孤独を感じた。

しかし、嬉しい。哀しくも寂しくも無い。
なるほど、孤独とは場合によっては負の感情が無いものなのだ、と思った。

目標自体がそうだからかもしれない。
もしもワンマンライブが大成功したら、
誰かと、メンバーと、共有出来るかもしれない。 

この小さな、大声で言いふらしたいような叫びのような悦びを得ただけでは無く、孤独も知れた事が、一石二鳥のように思える。



そしてもうひとつ、
SHOWROOMという配信アプリケーションを使用し、2月19日から毎日(1日お休みしたが)配信を続けている。
イベントという、様々な賞品を懸けて競い合うものに参加している為だ。いや、それが寧ろ口実で、前々からネット配信には興味があった。

3月3日迄、本日終了。
今となっては、参加して本当に良かったと思っている。
課題ばかりが浮き出る。それは足りない所。今まで向き合わなかったような事も、何時間も配信していれば判る。

そして、何より見ず知らずの初めましての私たちに快く応援メッセージをくださったり、今までずっとライブへ足を運んでくださった皆様が、形をかえて忙しい日々の合間にまた会いに来てくださったり、そういった嬉しい事ばかり続いた。

日々の義務になっていない事を、いきなり義務にするには少し意図的にしなくてはいけない部分がある。
毎日何かをする事は本当に大変だ。前は30秒動画を毎日アップロードしていたが、時間的に比じゃない。

ただ、今回は、そんな中でも、頑張り過ぎなかった事が出来た。頑張り過ぎないと言っても、怠けたから休むのとは勿論違う。
途中でふと、何の為にやっているのか、と問い掛けたら、答えられなかった。そんな時に歌ったところで、良いと思っていただける筈が無いのだ。 
やるならば毎日全開で歌う、当たり前だけれど、それに尽きる。




そんなこんなで、ここ数日はとても発見があった。
すべき事も見つかっている。
人に欲される音楽を作っていく◎
レコーディング、一切手を抜いていない、本気の音を詰めています。CD、少しでも興味を沸かせたい。こんな多種多様な時代に、人に左右され、配置され狙われた音楽ばかりじゃあないんですよ。こっちはグイグイ行きますよ。あなたは如何?
悩ましいが、今後も目標達成、有言実行でありたい。

冒頭から大分進みましたが、筋は、私の今の放ちたい事。でした。

最後までお目通しくださり、ありがとうございました。